日焼け止めの正しい塗り方とは?

イメージ写真

塗り方を間違う使用者

日焼け止めの正しい使用方法のひとつがパーツごとに使用するアイテムを変えるということです。日焼け止めには顔には顔用が、体には体用が存在しています。そのため、このような用途を守って使用しておきたいものです。また、塗り方に関してもそれぞれの日焼け止めアイテムごとに変わってきますので、使用方法を守って肌を守っておきましょう。

たとえば汗をかくことで日焼け止めクリームが落ちてしまうこともありますが、その一方でモノによっては汗に強いものもあります。そのため、夏場で汗が心配ということであれば、それに合わせたものを選んでおきたいものです。また、塗り方に関してもどの程度厚く塗るべきかということで悩む方もいますが、この点もそれぞれのアイテムによって異なります。

さらに、塗るべき場所に関してですが、たとえば顔や腕には塗っているのに首に塗るのを忘れてしまうという方もいますが、この首に関しては意外と日焼けしてしまうポイントとして知られています。夏場の衣服ではここが露出されていることが多いからです。そのため、このような場所に関しても塗り残しがないように、自分で確認をおこないながら、最適な場所に塗っていくようにしましょう。